#
配送料金
支払い方法
#
 

トップ > スタディスコア > 作編曲家別 > や行 > 山田耕筰 > 長唄交響曲「鶴亀」

h2アイコン長唄交響曲「鶴亀」

長唄交響曲「鶴亀」
販売価格(税込):1,760
ポイント35
商品コード:HCS-002
数量
買い物カゴに入れる

作曲:山田耕筰 


・内容:スタディスコア
・A5判
・80ページ
・発売日:2016年6月9日

解説


長唄交響曲「鶴亀」は1934 年8 月19日に完成され、同年8 月30 日に吉住小三蔵らの唄、稀音家文治らの三味線などと、作曲者の山田耕筰(1886 〜1965)自身の指揮による日本放送交響楽団(新交響楽団、現NHK交響楽団)によって放送初演された。
本作はまさに長唄を取り入れた“交響曲” として西洋音楽的な圧倒的クライマックスを作り上げる。邦楽でありながら、西洋音楽の衣装をまとった見事なコラボレーションである。武満徹氏の名作「ノヴェンバー・ステップス」の例を挙げるまでもなく、邦楽と西洋音楽のコラボレーションは現在でも頻繁に行われているが、山田耕筰の長唄交響曲「鶴亀」はそうした流れにおける最初期の例であろう。
(校訂:久松義恭)
〜本書掲載文より一部抜粋