#
配送料金
支払い方法
#
 

トップ > アンサンブル > 作編曲家別 > た行 > 眦莊住 > 【ユーフォニアム&マリンバ】ふるさと
アンサンブル > バリ・テューバ > ユーフォニアム&マリンバ > 【ユーフォニアム&マリンバ】ふるさと

h2アイコン【ユーフォニアム&マリンバ】ふるさと

【ユーフォニアム&マリンバ】ふるさと
販売価格(税込):1,650
ポイント33
商品コード:HCE-232
数量
買い物カゴに入れる

作曲:岡野貞一
編曲:高嶋圭子
 


・内容:スコア・パート譜一式
・演奏時間:約4分30秒
・発売日:2016年11月22日

編成


Euphonium
Marimba
 

解説


本作品は打楽器奏者・西久保友広氏とユーフォニアム奏者・外囿祥一郎氏の依頼により、2016年新春に書いた編曲作品です。同年リリースされた両氏のCD「日本のうた」に収録されました。(初演 5月20日 JT アートアフィニス)

鳥取市出身の作曲家岡野貞一氏によって作られた「ふるさと」は、作詞家の高野辰之氏の詩を得て唱歌として作曲され、1914年(大正5年)には当時の子どもたちが通っていた尋常小学校の教科書にも掲載されました。いまでは日本の“こころのうた”とでもいうべき歌になり、日本では最も広く親しまれている曲であることは言うまでもありません。その旋律を思い浮かべただけでも様々な風景や出来事にまつわる想いが心に甦ってくるのはきっと私だけではないでしょう。

ユーフォニアムは金管楽器の中でも特に豊かな響きを持っており、マリンバの響きとも大変良くとけ合います。両者はとても相性の良い楽器同士であることを、リハーサルで生の音を耳にした時に実感しました。

ユーフォニアムとマリンバという楽器の組み合わせは大変珍しいのではないかと思いますが、ユーフォニアム奏者はピアニストを見つけられればマリンバパートを担当してもらうことが可能です。その時には、ピアニストはペダルの活用を心がけてください。またその逆に、ユーフォニアムをトロンボーンや音域の合う楽器に置き換えて演奏してみるのも楽しいでしょう。この楽譜の出版により、ユーフォニアムとマリンバの世界がより豊かに広がっていくことを期待しています。

(高嶋圭子)
 

収録CD


日本のうた〜ユーファニアムとマリンバで綴る四季折々・悲喜交々の叙情〜
(外囿祥一郎&西久保友広)
発売元:株式会社 Eアーツカンパニー