#
配送料金
支払い方法
#
 

トップ > アンサンブル > 作編曲家別 > や行 > 山田武彦 > 【フルート&ピアノ】クロード・ドビュッシーのフルート・ソナタ
アンサンブル > フルート > ピアノ付き > 【フルート&ピアノ】クロード・ドビュッシーのフルート・ソナタ

h2アイコン【フルート&ピアノ】クロード・ドビュッシーのフルート・ソナタ

【フルート&ピアノ】クロード・ドビュッシーのフルート・ソナタ
販売価格(税込):1,980
ポイント39
商品コード:HCE-113
数量
買い物カゴに入れる

作曲:山田武彦 


・発売日:2012年10月10日
・内容:スコア・パート譜一式

編成


Flute
Piano
 

解説


2012年が生誕150年記念となるClaude Achille Debussy(1862-1918)への敬意の思いの1つとして、彼が最晩年に計画した室内楽作品集である、6つのソナタ(そのうち3曲が完成)の構想を手本に、フルートとピアノのための作品(ソナタ)を独自に作曲した。創作にあたり意識的に目標に掲げて心がけた事柄は、

(1)ドビュッシーの作品に見られる和声法、調性や音階などの扱い方を活用すること。
(2)6つのソナタ(そのうち少なくとも現存する3つ)の構造にならう事、またそこにInterlude(間奏曲)を中間楽章として配置すること(しばしば16世紀以降のコンメディア・デルラルテの道化の性格を示していると評される)。
(3)今から100年前の1912年に完成されたドビュッシーのフルート独奏のための作品『シリンクス(Syrinx)』をそのまま活用する事。

などの点である。
(山田 武彦)