#
配送料金
支払い方法
#
 

トップ > アンサンブル > 作編曲家別 > や行 > 山田武彦 > 【フルート五重奏】森の小鳥 作品21
アンサンブル > フルート > 五重奏 > 【フルート五重奏】森の小鳥 作品21

h2アイコン【フルート五重奏】森の小鳥 作品21

【フルート五重奏】森の小鳥 作品21
販売価格(税込):4,400
ポイント88
商品コード:HCE-111
数量
買い物カゴに入れる

作曲: F.ドップラー
編曲:山田武彦
 


・発売日:2012年10月10日
・内容:スコア・パート譜一式

編成


1 Flute
2 Alto Flutes
2 Bass Flutes
 

解説


A.F.ドップラー(1821〜1883)はポーランド系ハンガリー人として、レンベルク(現ウクライナのリボフ)に生まれ、同じくフルートの名手だった弟カールとのデュオで広く名声を博した。兄弟ともにベーム式フルートを好まず、旧式のフルートを使い続けたと言われている。

1858年にはウィーン宮廷歌劇場の首席奏者となり、また1865年からはウィーン音楽院教授の地位につく他、指揮者、歌劇作家としても成功を収めた。「ハンガリー田園幻想曲」など、フルートのヴィルトゥオーゾ曲が知られているが、「森の小鳥」は独奏フルートとホルン4重奏のために書かれた珍しい編成の曲。

アンダンティーノ・モデラート冒頭からの森を想起させる素朴な旋律をバックに、独奏フルートの軽やかな動きが見られる。
(山田 武彦)