#
配送料金
支払い方法
#
 

トップ > CD・DVD > CD > 【CD】交響曲 宇宙戦艦ヤマト

h2アイコン【CD】交響曲 宇宙戦艦ヤマト

【CD】交響曲 宇宙戦艦ヤマト
販売価格(税込):3,300
ポイント66
商品コード:COCQ-85460
数量
買い物カゴに入れる

・発売日:2019年4月17日
(C)東北新社 / 著作総監修 西_彰司 Licensed by ボイジャー音楽出版

収録曲


交響曲 宇宙戦艦ヤマト

1.第一楽章 誕生
2.第二楽章 闘い 〈スケルツォ〉
3.第三楽章 祈り 〈アダージョ〉
4.第四楽章 明日への希望 〈ドッペルコンチェルト〉 
 

メーカーによる解説


国民的人気アニメ「宇宙戦艦ヤマト」のテーマ・モチーフを用い、天才作編曲家・ピアニストの“ハネケン”こと羽田健太郎が作曲した「交響曲宇宙戦艦ヤマト」は、1984年にNHK交響楽団×大友直人指揮にて初演されLP/CDでリリースされました。その後、2009年のセッション録音盤を経て、2019年、羽田の生誕70周年を記念して約10年ぶりにライヴ・新録音盤としてリリースします。
数多くの音楽を生み出してきた羽田健太郎が35歳で作曲した唯一の交響曲は、宮川泰・羽田の両名が生み出したヤマトのモチーフを用いながら、古典的な交響曲を目指した管弦楽曲です。第1楽章は有名なメインテーマと「イスカンダルのテーマ」を用いたソナタ形式、次楽章は羽田も作曲家として参加した『完結編』の音楽が取り入れられ、第3楽章にはヴォカリーズを起用、そして「大いなる愛」をテーマに独奏ヴァイオリンと独奏ピアノによるドッペルコンチェルトとして発展させた終楽章で幕を閉じます。エンディングは旧作とは違う作曲者オリジナルスコア版を採用。
今作は2018年8月、東京交響楽団とミューザ川崎シンフォニーホールによるクラシックの“名曲全集”に組み込まれた演奏会をライヴ収録。初演時から指揮を務め、スコアの隅々まで読み解いている大友直人がタクトを振り、ヴォカリーズに最も旬なソプラノ小林沙羅、深く温かい演奏で聴衆に感動と喜びを届けているヴァイオリニスト・大谷康子、名実共にトップクラスのピアニスト横山幸雄のセッション録音盤のソリストが再集結。東響のホームグラウンドでもあるミューザ川崎シンフォニーホールにて鳴り響いた「ヤマト交響曲」は、まさに熱のこもった名演でブラボーの嵐となり、6分にも及ぶ惜しみない拍手が続きました。
この熱演を、従来の高音質ディスクよりさらに原盤に忠実な音を再現するUHQ-CD仕様にてお届けします。
ブックレットは、新たなライナーノーツの他に、1984年盤の作曲家自身による「交響曲ヤマトができるまで」「作品解説」を転載。また、近年発見された羽田氏の直筆スコアの写真をご遺族のご協力のもと数点掲載。

→特設サイト(ページが変わります)
 

演奏


大友直人 指揮
東京交響楽団

大谷康子(ヴァイオリン)
横山幸雄(ピアノ)
小林沙羅(ヴォカリーズ)

録音:2018年8月25日 ミューザ川崎シンフォニーホール
 

発売元


日本コロムビア