#
配送料金
支払い方法
#
 

トップ > 吹奏楽 > 販売楽譜 > エピソード・ファイブ〜ウィンドアンサンブルのための〜
吹奏楽 > バンド維新 > 2010 > エピソード・ファイブ〜ウィンドアンサンブルのための〜
吹奏楽 > 作編曲家別 > や行 > 山下康介 > エピソード・ファイブ〜ウィンドアンサンブルのための〜

h2アイコンエピソード・ファイブ〜ウィンドアンサンブルのための〜

エピソード・ファイブ〜ウィンドアンサンブルのための〜
販売価格(税込):11,000
ポイント220
商品コード:HCB-046
数量
買い物カゴに入れる

作曲:山下康介  


・内容:スコア・パート譜一式
・発売日:2010年3月13日
・演奏時間:約7分40秒

編成


Flute 1,2(Picc.)
Oboe(opt.)
Bassoon(opt.)

E♭ Clarinet
B♭ Clarinet 1,2,3
B♭ Bass Clarinet

E♭ Alto Saxophone 1,2
B♭ Tenor Saxophone
E♭ Baritone Saxohone

B♭ Trumpet 1,2
F Horn 1,2
Trombone 1,2
Bass Trombone(opt.)
Euphonium
Tuba
String Bass(opt.)

Timpani
Percussion (S.D. / Cymb. / Sus.Cym. / Glock. / Tubular-bells / Wind-chime / Triangle)
 

解説


曲タイトルにある「Five」は、もちろん5拍子のことである。5拍子と聞いて感じるものは人それぞれだと思うが、なんとなく取っ付きにくいような・・・。私自身も中学の頃から吹奏楽にどっぷり浸かって、クラリネットを吹いていたのだが、正直申し上げて5拍子に遭遇すると、ちょっと避けたくなる思いがした。とはいえ5拍子の曲にもチャイコフスキーの交響曲第6番ロ短調「悲愴」の第2楽章であったり、ジャズの定番「テイク・ファイブ」など、非常になじみのあるものも存在する。しかしながら4拍子や3拍子に比べればそれほど多くはないだろう。そんなこともあり、5拍子というものをもっと身近に感じ、なにか面白いものを、と思い作曲した。5拍子であることを除けば、いたってシンプルな楽曲なので、逆に5拍子であることを忘れるぐらい楽しく、そして爽快に演奏していただければうれしく思う。

また今回の楽器編成は、いわゆる小編成の部類に入るだろう。私は今作を書くにあたって、小編成でありながらアンサンブルとして、大編成にもある吹奏楽らしいサウンドと作風を心掛けた。ただし演奏団体によっては、各パートの人数はまちまちだろうから、演奏バランスは考えて演奏していただきたいところでもある。また、スコアにはオプションパートも書いてあり、大編成の団体でももちろん演奏可能なので、より多くの団体に演奏していただきたいと思っている。

私自身、吹奏楽の体験により、多くの音楽や人と出会えたことは、人生において非常に大きな宝物になっている。この「バンド維新」によって、あるいはこの曲によっても、また新たな出会いや体験が多く生まれることだろう。おそらく「5拍子」について語られることもあるだろうし、吹奏楽そのものに想いを馳せる人もいることでしょう。様々に綴っていただきたい。これがタイトルの「エピソード」たる所以である。
 

収録CD


バンド維新2010
発売元:キングレコード
 

Overseas Shipping


Just click this banner and follow the simple instructions provided at the ‘site.