#
配送料金
支払い方法
#
 

トップ > 吹奏楽 > 販売楽譜 > 交響詩ジャングル大帝〜白いライオンの物語〜
吹奏楽 > 演奏会向け(ポップスステージ) > 交響詩ジャングル大帝〜白いライオンの物語〜
吹奏楽 > バンド維新 > 2010 > 交響詩ジャングル大帝〜白いライオンの物語〜
吹奏楽 > 作編曲家別 > な行 > 中橋愛生 > 交響詩ジャングル大帝〜白いライオンの物語〜

h2アイコン交響詩ジャングル大帝〜白いライオンの物語〜

交響詩ジャングル大帝〜白いライオンの物語〜
販売価格(税込):11,000
ポイント220
商品コード:HCB-044
数量
買い物カゴに入れる

作曲:冨田 勲
編曲:中橋愛生
 


・内容:スコア・パート譜一式
・演奏時間:約8分50秒

編成


Flute 1(Picc.),2

B♭ Clarinet 1,2,3(div.あり)
B♭ Bass Clarinet

B♭ Soprano Saxophone
E♭ Alto Saxophone
B♭ Tenor Saxophone
E♭ Baritone Saxophone

B♭ Trumpet 1,2
F Horn 1,2
Trombone 1,2
Euphonium
Tuba

Timpani
Percussion (S.D. / Sus.Cym. / 2 Tom-toms / Congas / Bongos / Glock. / Vib. / Mari. / Wind Chime / Cowbell / Guiro)
 

解説


交響詩「ジャングル大帝」は、1965年〜66年にかけて放映されたテレビアニメ「ジャングル大帝」(第一話)が元になっている。オリジナルはオーケストラ作品で、当時の文部省指導要領を踏まえ、子どもたちがオーケストラの楽器について学ぶための材料として作曲された。1966年に発表され、2009年、再び作曲者自身の手によって書き直されている。
本作品は、主要な5つのシーンを軸として原曲に忠実に構成されている。第1主題である跳躍の音型(6)は、アフリカの広大な大地を連想させる。続く第2主題(14)の背景では、パーカッションによるアフリカ起源のリズムが奏でられていく。全体を通して最も印象的なのは、ホルンによるグリッサンドの音型だ。これはパンジャの威厳を表しており、曲中何度も登場することから、その存在がいかに大きいものであるかが伺える。それとは対照的に出てくるのが、テナーサクソフォン(原曲はチェロ)の独奏である。これはエライザのテーマで、母親としての愛に満ちあふれた優しさが表現されている。レオのテーマは、パンジャと同じくホルンで奏でられる。曲中最初に出てくるのはパンジャが「生まれてくる子どもに、レオと名づけてくれ」と言い残して死ぬシーン(94)で、レオが誕生してからアフリカの地を目指すまで繰り返し変奏される。幼いながらもジャングルを目指して海を渡ろうとする、レオの果敢な勇気が表現されていると言えるだろう。
 

収録CD


バンド維新2010
発売元:キングレコード
 

Overseas Shipping


Just click this banner and follow the simple instructions provided at the ‘site.